リピトール 通販

リピトールは通販で市販薬のように購入できない!

リピトールはコレステロール値を下げる薬で高脂血症治療薬と言われています。
コレステロール値を下げる特効薬と言われ、2011年に特許が切れるまでは世界の
大型医薬品売上高ランキングで1位にもなっていたほど世界中で使われている薬です。

 

 

現在はリピトールのジェネリックが販売されているので1位ではありませんが、
ジェネリックも含めれば今現在も広く使われている医薬品と言えるでしょう。

 

 

そんなリピトールは高脂血症の患者さんに多く処方されています。
なので高脂血症で病院を受診すればリピトールやそのジェネリックが処方されることが多いです。
LDLコレステロール値を下げる効果は絶大で一度飲んだらビックリするほどです。

 

 

リピトールは医薬品の中でも“医療用医薬品”に分類されるので通販では購入できません
もちろん市販薬のように薬局やドラッグストアでも購入することは不可能です。

 

 

最近では楽天やAmazonといった通販サイトでも医薬品の通販ができますが、
それは処方箋のいらないいわゆる「OTC医薬品」「一般医薬品」「市販薬」と呼ばれる類のものです。
当然リピトールは違いますので通販での取扱いはないということになります。

 

 

リピトールには副作用があるので病院に行き医師の処方の元で服用するのがオススメです。

 

【参考記事】
グレープフルーツは危険!?リピトールの副作用と食べ合わせについて

 

ただ、病院に行く暇がないなど諸事情によって病院に行かずにリピトールを購入したいという方に
リピトールの通販事情や通販での価格などについて調べてみたので参考にしてみてくださいね。

リピトールの通販は個人輸入のみ

先程も触れたようにリピトールは通常の通販サイトでは購入できない医薬品です。
ただ、海外の製薬会社から直接医薬品を輸入する「個人輸入」であれば病院に行かずに
自宅からリピトールを通販購入することが可能です。

 

 

もちろん、個人使用の場合のみで転売などをすれば犯罪になります。
個人輸入と言っても一個人が製薬会社から医薬品を輸入しようと思っても相手にされないので「個人輸入代行業者(サイト)」が中間業者となって通常の通販サイトのように利用できるようになっています。

 

 

日本で販売されているリピトールのように中間業者が多くないので価格も安く購入できるのが個人輸入の特徴です。おそらく初診代などの診療代などを考えると保険適用と変わらないくらいか安く手に入るでしょう。

 

 

個人輸入で通販する場合の注意点としては、個人輸入代行業者選びです。
中には偽物の医薬品を販売している業者もいます。

 

 

ポイントとしては、個人輸入代行業者としての運営歴が長く、口コミやレビューが多いサイトです。
間違っても日本語がちょっとおかしいサイトからの購入は控えましょう。

 

 

老舗と呼ばれる個人輸入代行業者はいくつかありますが、個人的なおすすめはベストケンコーです。
価格も安く、リピトールに関してはジェネリック薬も揃っています。

 

 

初めての利用の場合は初回限定クーポンもあるので安く手に入ります。
個人輸入代行サイトとしてはすでに15年以上運営されている老舗サイトでツイッターなどでも
簡単に利用者の口コミを検索することができ、利用者も50万人を突破しているので安心して利用できると思います。

 

 

>>ベストケンコーのリピトール通販ページはコチラ

 

リピトールのジェネリック医薬品は?

リピトールには同じ成分のジェネリック医薬品がいくつかあります。
ただ個人輸入で通販されているリピトールのジェネリック薬は日本で販売されているリピトールジェネリックとは名前が違います。

 

 

それでも日本でも海外でもジェネリック医薬品の定義は同じで、先発薬の特許切れの後に
発売される同じ成分で同じ種類、同じ効き目の医薬品になります。

 

 

リピトールの成分はアトルバスタチンです。
日本ではアステラス製薬が先発薬を製造・販売していますが、
第一三共や東和などのメーカーからもジェネリックであるアトルバスタチン錠が販売されています。

 

 

ただ個人輸入代行でリピトールのジェネリックを通販する場合は、国内メーカーのジェネリック薬ではなく
海外製薬メーカーのリピトールジェネリックになります。

 

 

例えば先ほど紹介したベストケンコーだとリピトールジェネリックの取扱いは下記になります。

 

アトルリップ 5mg/80mg(シプラ社)
アトルバスタチン 10mg/40mg/80mg(FDC社)

 

ちなみに先発薬であるリピトールは10mg/20mg/40mg/80mgの取扱いになっているため
もし5mgのリピトールを個人輸入したい場合はジェネリック薬のみとなります。

 

 

その他の個人輸入で通販できるリピトールのジェネリック薬だとオオサカ堂の種類が豊富です。
オオサカ堂もベストケンコーのように10年以上の運営歴を持つ老舗の個人輸入代行サイトです。

 

 

カード決済が使えない、サイトのURLがコロコロ変わるなどのデメリットもありますが、
製品の質や単品購入でも値段が安いのが特徴です。
(ベストケンコーはまとめ買いのほうがお得)

 

そんなオオサカ堂のリピトールジェネリックで人気なのが「ATOR」です。

 

リピトールジェネリック10mg(Ator)
リピトールジェネリック20mg(Ator)

 

1箱あたりだとジェネリックのほうが100円ほど安く購入できます。

page top